思春期に注意したい事

自分自身も、過去を振り返った時に思い当たることも多いかと思います。思春期の頃は特別。体はどんどん成長して行くのですが、 心はそれについて行けなかったり不安定な状態が続いたりすることもあります。また、怖いもの知らずでむちゃをすることもありますし、 反対に自分に自信がなくなって落ち込むこともあります。他にも、他人から自分がどう思われているのかなど、人の目もきにするようになるなど、 とにかく色々な感情を味わうのがこの頃です。

思春期の頃には、統合失調症を発症することもあります。統合失調症とは、ネガティブな妄想をしてみたり、 ネガティブな声が聞こえてくるなど色々な症状が見られます。誰かが私のことをわるく言っているとか、みんなが私を馬鹿にするなど、 事実とは異なることを強く思い込むようになった時は、早めに病院に連れて行くようにしましょう。治療は、お薬を使って行われます。

また、摂食障害を発症することもあり、特に女の子に多く見られます。綺麗に見られたいなどの感情が強く、太ることに恐怖を感じるようになります。 食べることを止めたり食べた物を無理やり吐きだすなどの行為を行うこともあります。この場合も、早めに医療機関に連れていうようにしてください。